男性の本能の赴くままのセックスは是か非か?

  • 男性の本能の赴くままのセックスは是か非か? はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

先日来ご紹介している森林さんの教材、
『プロセックスマスター養成講座』ですが、
早速ご購入頂いている方が増えてきました!

その『プロセックスマスター養成講座』についてですが、
こんなリクエストを頂いているのでご紹介しますね。

 

早速『プロセックスマスター養成講座』も購入し観させて頂きました。
SEXはお互いが気持ちよくならなければいけないから
本能で行動した方が良いと言っていたのですが、どうなのでしょうか?
森林原人さんは本能に従って焦らさないでいきなり女性の乳首を舐めていましたが、女性からしたらどうなのでしょうか?
何が正解か分からなくなってしまったので、つばささんの意見を聞きたいので宜しくお願いします!

特典が完成するの楽しみにまってます。

 

早速ご購入頂きまして、誠にありがとうございます!

こうした熱心に勉強して頂く方って、
女性にとっても凄く嬉しいですよね!!!

熱心にセックスを学んで頂ける男性って少ないので、
女性にとって凄く素晴らしいエッチのパートナーになると思います!

 

それでは、早速リクエスト内容にお答えしますね^^

まず、「本能で行動した方が良い」ということについてですが、
これは女性としても嬉しいことですし、私もこれは嬉しいですね!!

 

やっぱり本能から求められるのは嬉しいですし、
男性にもエッチを楽しんで貰いたいという気持ちがありますから。

男性も女性がエッチを楽しんでいると自分も楽しくなると思います、
女性も男性がエッチを楽しんでくれていると自分も楽しくなるものです。

 

エッチはコミュニケーションですので、
ただ一方が奉仕するだけのエッチではなく、
お互いが楽しんでこそだと思います。

そういう意味で、男性が本能のままにエッチをするのは、
決して悪いことではないと思います。

私は1人の女性として賛成ですね!!

 

ただ、常日頃から私は、
「焦らしを使って感度を高める」ってことを口酸っぱく言っているので、
その辺で戸惑われてしまったのかもしれませんね。

 

> 森林原人さんは本能に従って焦らさないでいきなり女性の乳首を舐めていましたが、

と書かれていますが、
この「焦らさないで」というところがちょっと違うんですね。

確かに教材の中で森林さんは、
あまり焦らしを使う前にいきなり乳首を愛撫しています。

その後、結構早い段階で女性のアソコを触ったりもしていますね。

 

でも、焦らしをしていないわけではないんですよ!

この教材で行っているセックスって、
自然の流れの中で焦らしたり感度を高めるテクニックを使っています。

つまり、早い段階で乳首をいきなり攻めているように見えますが、
もうその時点で十分感度は高まっていると思うんですね。

 

この教材のセックスの流れややっていることを見ていると、
乳首を攻めている時点で既に女性が欲しくなっていると思います。

乳首を愛撫するまでの流れの中で、
感度を高めることを色々とやっているんです!

なので、女性からするといきなり感はなくて、
十分感度が高まった段階で乳首を攻めてもらっている感覚だと思います。

 

ですから、ぱっと見いきなり乳首を攻めていたり、
いきなりアソコを触っていたりするように見えますけど、
その前の段階で既に感度を高めてあるんですね!

言い換えれば、このいきなりの乳首攻めなどは、
その前の流れ有りきのタイミングでの愛撫だと思います!

 

この点は、特典の中でもフォロー解説をしていきたいと思っていますので、
特典の方をお待ち頂ければと思います!!

 

 

> 何が正解か分からなくなってしまったので

あと、このように書かれていますが、
正解は一つではないと思って頂ければと思います!

不正解はあっても、正解は一つではないんですね。

 

徹底的に焦らしを使って高めていく方法も正解ですし、
この教材のように「男性的に攻めるセックス」も正解なんです!

セックスのバリエーションと思って頂ければと思います!!

 

毎回毎回同じようなセックスよりも、
色々なセックスのバリエーションを楽しめた方が女性も楽しいものです。

時には時間を使って徹底的に焦らしたエッチをしたり、
時には男性的に攻めのエッチをされたりすると、
その都度違った楽しみを感じることができます!

 

リクエストを下さったご質問者様は、
焦らしを重視したエッチを普段していらっしゃるのかな?

今回この教材で学んで頂くことで、
もう一つのエッチの武器が増えたと思って頂ければと思います。

両方使えるようになったってことですね!!

それを今日は焦らしを重視して、今日はちょっと激しく攻めて、と
毎回違ったアプローチをされると、女性も楽しめると思います。

 

大事なのは、エッチのアプローチ方法が違っていても、
しっかりと女性が好むことを外していないかなんですね。

そういう点で、この森林さんの教材は、
確かに男性的で本能的で、どちらかというと攻めのエッチだと思いますが、
しっかりと女性がして欲しいこと、女性が嬉しい事を外していないんです!!

自然な流れの中でちゃんと感度を高めることをしていたり、
女性がして欲しいと思うこと、女性が感じてしまうことを使っているんですね!

だからこそ、男性的な攻めのエッチでも
女性も楽しんで積極的に受け止めることができるんです!!!

 

この辺のことは微細なことであったり、
教材の中でサラッと行っていることだったりしますので、
そこを特典の中で解説していけたらなぁと思っています!

特典については現在急ピッチで進めていますので、
大変お待たせしてしまい申し訳ありませんが、
もうしばらくお待ち頂ければと思います!!

森林さんの『プロセックスマスター養成講座』についての詳細はコチラです!

つばさ

 

P.S.

本能の赴くままのセックスと、
男性の独りよがりなセックスとは
一見似たようで違うものなんですよね。

その大きな違いは、
女性の求めを外しているかいないかじゃないかと思います。

しっかりと女性が求めていることを踏まえていれば、
本能的なセックスは女性にとっても刺激的なんです。

 

教材ではその点をどうやっているのか?
その辺も特典の中で解説していきます!

ある意味では、自分のやりたいようにやっているのに、
しっかりと女性が感じるツボ、喜ぶツボを外さないのも、
一つのセンスと言えるかもしれませんね!

 


アダルトエッチテクランキングはコチラ

質問・疑問などのお問い合わせはコチラ!
質問や聞きたいこと・リクエストがありましたら、メールフォームから受け付けています!
>> 質問・お問い合わせはこちらから

  • 2014 08.29
  • 男性の本能の赴くままのセックスは是か非か? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料メールマガジン募集中

無料メルマガ無料メルマガ
詳細はこちら

今すぐメルマガに登録する方は、下記フォームからご登録をお願い致します!
※携帯アドレスまたはhotmailでご登録は、こちらのページの下段にある注意事項をご覧ください。

*は入力必須です。
名前(ニックネーム可)* 
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

当サイトオススメのセックス教材!

ポルチオ開発法(AV女優ミュウ)

人を選ぶかもしれませんが、感じる人はヤバイくらい感じる膣の奥の性感帯「ポルチオ」。そのポルチオを攻めるテクニックを学べるポルチオに特化した教材がコレ。私もポルチオが感じる方なので、このテクはホント感じます。イキますね!あなたのパートナーが奥が好きな女性ならこれはハマるかもしれません!

ここまで詳しくポルチオ攻めを解説した教材はコレだけ!

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール:つばさ

HN:つばさ

元CA(キャビンアテンダント)です。
名古屋出身、170cm痩せ型
国内&外資の複数社に勤務し、色々な男性とも出会ってきました。その中で経験した、男性に役立つ女性を感じさせるセックステクニックを紹介していきます。それなりに男性経験も多い方…かな…!?

プロフィールはこちら

つばさのオススメ教材ランキングTOP5

第1位

個人的に私の一番お気に入りの教材!これこそセックスのプロ!と言える、身震いするくらい超絶なテクニックです。女性が心の底から望むのはまさにこういうセックス。このテクニックは一生ものです!

第2位

初心者にはこれがピッタリ!セックスの総合力を高められるまさにセックスの教科書!前戯から挿入、イカせ方までセックスのイロハが満遍なく学べる教材!

第3位

あなたのペニスの虜になるピストン、挿入テクニックを学びたい方へ!中でイカせるピストンテクニックの教材。ナカイキテクニックとしてはこれがオススメ!

第4位

クンニの教材としてはNo.1の教材!クリ攻めを学ぶならコレです!クンニの手順から舐め技などを詳細に解説した独自特典クンニパーフェクトマニュアルも無料でプレゼント!

第5位

女性の体中に隠された性感帯を全身愛撫で発見して体の芯から感じさせるセックス教材!これを知っているってホントの意味での上級者。感度と興奮を爆発させる技術が身につく教材。

お問い合わせはコチラ!

リクエストフォーム

当サイトで紹介している教材に関するご質問・お問い合わせはこちらのフォームから投稿ください!