【お返事】エッチの最中に「どこが気持ちがいいか」を聞いてもいいの?

  • 【お返事】エッチの最中に「どこが気持ちがいいか」を聞いてもいいの? はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

こんばんは!
つばさです。

暑い毎日が続きますね。
これからが夏本番!

楽しい夏となるよう、つばさはあなたを応援します。

 

さて今回はエッチの最中に、
女性に「どこが気持ちいいか?」を聞いてもいいのかダメなのか?
それについてお答えしていこうと思います。

 

まずは30代のHさんより
当ブログのご感想とご質問を頂いたのでご紹介します!
(Hさんの個人情報保護のため、一部、省略させて頂いております)

 

まずは頂いたご感想からです。

 

(前略)
彼女と濃厚な時間を過ごせたらと思いまして、色々調べておりましたところ、
このサイトに偶然にも出会ったのがきっかけです。
色んなノウハウをわかりやすく纏まっていて、読み応えがありました。
女性の視点からみたノウハウというのは余りありませんので、
いろんな気付きを与えてくださってありがとうございました。

(中略)

女性を喜ばすことに生きがいを感じております。お互いが気持ちよくなるのが一番最高ですよね。
女性の体は繊細で感度の波も個人差もございますので、
いかに、男が上手くエスコートできるのかが重要なことだろうと思います。

(後略)

 

Hさん!
嬉しいご感想をどうも有難うございます。
もし少しでもお役に立つことができているのなら、本当に嬉しいです!

以前から、私からの一方的な発信でなはく、
相互のコミュニケーションを大切にしたいと考えているで
こうやってメッセージを頂けると、稚拙なブログではありますが、
沢山のものを持ち帰って頂きたいと思うんです。

 

なので、お返事も一生懸命に書かせて頂きます。

 

 

正直、セックスを題材にしたブログですし
怪しいと思う方もいらっしゃるかも知れません。

聞きたいことや質問があっても躊躇する気持ちもわかります。

だからこそ、こうやって感想やお返事を頂けると本当に嬉しいですね。

 

 

女性を喜ばすことに生きがいを感じております。
お互いが気持ちよくなるのが一番最高ですよね。
女性の体は繊細で感度の波も個人差もございますので、
いかに、男が上手くエスコートできるのかが重要なことだろうと思います。

とも書いてくださいました。
こういう方は、すぐにセックスのテクニックって上がるんですよ!

 

一般的なスキルアップでの掛け算の法則で

 

やる気×時間×能力

 

なんてことがよく言われると思いますが、
やる気がゼロであれば、全てがゼロになってしまうんですよね。

 

これはビジネススキルや勉強に限ったことではなく
セックステクニックにも同じことが言えるんです。

 

学びたいという気持ちが強い方は、必ず上達しますので!

 

ご感想の最後には私、つばさの事を気遣ってくださる
温かいメッセージも書いてくださり、優しいHさん。

その優しさに私が癒されました。
本当にありがとうございます!!

 

 

そして、頂いたご質問がこちらです。

 

気持ちが良いところは、丹念に愛撫をしていますが
彼女は気持ちよいのか良くないのかが分からないときが御座いました。
その場合は、行為の最中に聞いても大丈夫なのでしょうか。
覚めてしまうので、行為が終わってから反省会みたいなものをすればよいのでしょうか。
私はそれほど若い時代はモテなかったので、経験人数が少ないです。なので、本当に満足しているのかが不安でした。
また、ブログ内でも結構ですので、さらっと、アドバイスをいただけると有難いです。
お読みいただきまして、ありがとうございました。

 

よく頂くメッセージに、

僕は童貞で経験がありません
数人としかしたことがないです
モテたことがないです

とか書かれている事が多いのですが、まーったく関係がないので安心してくださいね!!!

 

これからスキルアップはいくらでも可能ですし、
私もブログで発信し続けますので。

 

「彼女は気持ちよいのか良くないのかが分からないときがある」とのことですが、
AVとは違い、ずっと声を出し喘ぐわけではないので、
気持ちいいか分からないときがあるのは仕方のない事だと思います。

 

本当に感じてる喘ぎ声と演技の喘ぎ声の違い・見分け方

にも書いているのですが、
喘ぎ声だけで女性が本当に感じているがどうかって判断するのって
とっても難しいんです。

私も本当に感じているときは脱力して無になってしまうので、
男性からすると、本当に気持ちがいいか不安になるかもしれませんね。

 

 

私は思い切って

 

エッチの最中に「ここは感じる?」

 

と、聞いていいんじゃないかなと思います。

 

聞かれたからって嫌な気分になるわけでもないですし、
やはり聞かれてどこがいいって伝えないとわからないでしょうしね。

 

ただ女性も気持ちよさに集中している場合もあるので、
1度のエッチで何度も聞くのではなく、2、3度に留めておいた方がいいでしょう。

あんまり質問攻めだとせっかくのムードが台無しになってしまいますしね!

それに聞かれて答えるのって、ある程度「考える」っていう
思考を使う作業が入りますので、どうしても集中が削がれるものです。

何度も何度も聞かれると、その度に考えることになるので、
エッチに集中できなくなってしまいますからね。

 

また、余韻がまだ冷め止まぬうちに
後戯の際に聞いてみるのもいいと思います!!

ご質問にあるように、反省会って感じですね。
反省会というよりも、感想と言った方がいいでしょうか。

ガチの反省会をしてしまうのもさすがに何なんで、
後戯の延長で感想がてらにどこが良かったかとか、
アレはどうだった?とかを聞いてみるといいですね。

 

そうやってコミュニケーションを重ねていくと
お互いにとってのベストなセックスが出来るようになります。

 

セックスはコミュニケーションです。

 

そしてつばさも読者様とのコミュニケーションは大切にしたいんです。

 

Hさん
メッセージ、どうもありがとうございました。
彼女さんと末永くお幸せに!

 

つばさ

 

P.S.

次回も読者様からのご質問をご紹介します!
どなたのメッセージかはお楽しみに^^

 

つばさへのメッセージ、ご質問はこちらから!!

真面目なご質問へは私も誠心誠意、ご対応させて頂きます。

 

いつもブログランキングの応援も嬉しいです!!!
ありがとうございます!

 


アダルトエッチテクランキングはコチラ

質問・疑問などのお問い合わせはコチラ!
質問や聞きたいこと・リクエストがありましたら、メールフォームから受け付けています!
>> 質問・お問い合わせはこちらから

  • 2017 07.15
  • 【お返事】エッチの最中に「どこが気持ちがいいか」を聞いてもいいの? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料メールマガジン募集中

無料メルマガ無料メルマガ
詳細はこちら

今すぐメルマガに登録する方は、下記フォームからご登録をお願い致します!
※携帯アドレスまたはhotmailでご登録は、こちらのページの下段にある注意事項をご覧ください。

*は入力必須です。
名前(ニックネーム可)* 
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

当サイトオススメのセックス教材!

北川瞳 ラブスローH

童貞の方、エッチ初心者の方は必見です!オーソドックスながらセックスの基本中の基本を学べるセックス教材です。これを真似れば女性をガッカリさせることはないでしょう。基本を知らないとエッチ上手になれません。基本を知らないと女性のツボを外してしまうんです。女性が本当の望んでいるセックスができるようになります。

童貞の方、エッチ初心者の方はまずこれで学んでください!

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール:つばさ

HN:つばさ

元CA(キャビンアテンダント)です。
名古屋出身、170cm痩せ型
国内&外資の複数社に勤務し、色々な男性とも出会ってきました。その中で経験した、男性に役立つ女性を感じさせるセックステクニックを紹介していきます。それなりに男性経験も多い方…かな…!?

プロフィールはこちら

つばさのオススメ教材ランキングTOP5

第1位

個人的に私の一番お気に入りの教材!これこそセックスのプロ!と言える、身震いするくらい超絶なテクニックです。女性が心の底から望むのはまさにこういうセックス。このテクニックは一生ものです!

第2位

初心者にはこれがピッタリ!セックスの総合力を高められるまさにセックスの教科書!前戯から挿入、イカせ方までセックスのイロハが満遍なく学べる教材!

第3位

あなたのペニスの虜になるピストン、挿入テクニックを学びたい方へ!中でイカせるピストンテクニックの教材。ナカイキテクニックとしてはこれがオススメ!

第4位

クンニの教材としてはNo.1の教材!クリ攻めを学ぶならコレです!クンニの手順から舐め技などを詳細に解説した独自特典クンニパーフェクトマニュアルも無料でプレゼント!

第5位

女性の体中に隠された性感帯を全身愛撫で発見して体の芯から感じさせるセックス教材!これを知っているってホントの意味での上級者。感度と興奮を爆発させる技術が身につく教材。

お問い合わせはコチラ!

リクエストフォーム

当サイトで紹介している教材に関するご質問・お問い合わせはこちらのフォームから投稿ください!